いつまでたっても稼げずラクにならない理由

こんにちは!
石本です!

今日はブログや稼ぐことを
頑張っているアナタへ

お金を稼ぐという成果を上げていくための
パターンを紹介しようと思います!

特に誰でも当てはまって
みんなが避けては通れないパターンについて話します😊

副業をやっていて
「なんでうまくいかないんだろう?」

この答えを解決するための話です!
これから頑張るんだ❗
お金を稼ぐんだ❗

という方は必見です。

お金を稼ぐ法則「スタートしてしばらくは大変」

 

何個かあるパターンの中で
特にアナタへお伝えしたいのが

「スタートしてしばらくは大変」

という“法則”です。

これはお金を稼ぐだけじゃなくて、習い事でも
部活でも友達関係でも。

 

もう何でも同じで、ほとんどすべて
に当てはまる“法則”です。

副業の場合、学びをスタートさせてから
しばらくは全然知らないことだらけ。
さらに最初ってなかなか進まないんで

心理的にも物理的にも負担が非常に
かかってしまいます。

あなたも経験あるんじゃないですか?

好きな趣味なら

「今日はなにしよっかな♪」

と、心理的なハードルは低くなりますよね!

誰もが必ず通る「初期の停滞期間」

 

このような

“初期の停滞期間”

は必ずあります。

このパターンから逃れられる人はたぶんいないです笑
聞いたことないんで!

それでね
問題はここからですが、

その「しんどい状況」が
ずーっと続いてしまう人がいるんです。

これ超つらい😭

 

例えるなら暗闇のトンネルみたいな時期。

どれだけ進んでもずっと先が見えない。
比較的早い段階で脱出する人もいますが

みんながとっくに終わっていることを
「え、まだそんなステージにいるの?」
と思ってしまうぐらいに、

いつまでも「しんどい状況」がずーっと続
いている人がいます。

同時期にビジネス始めた人が
みんな結果が出ているのに
「え、自分全然だめじゃん。」
という感じです。

僕自身、副業でも他のいくつかの活動
でも、そういう

「全然できない(T_T)」

ということが過去何度か
あったのでわかるんですが、

その自分の経験と、他の社会人の方や
多くの人からそういった状況をいろいろ見聞き
してきた結果、

 

「暗闇のトンネル」がやたら長い人に共通点

がありました。

それは、

「いつも途中のどこかでやめている」

ということ。

 

いやーそりゃそうだろ!
という当たり前のことなんですが、
いつまでたっても「しんどい状況」が
続く人の多くが、この「途中でやめている」
という理由にでずっと暗闇でさまよってます。

 

本人は
『やめたちゃんとした理由』
があってやめているつもりなのですが、
結局そこに問題があることが多いです。

 

逆に、どんどんラクになっていく人というのは

苦しい状況を
「しばらくふんばっている時期」
が必ずあり

そのふんばりが少しずつ効果を出してきて
ラクになっていく経験を必ずしています。

そのラクになっていく実感がまた楽しいので
さらに続けられて、その結果気づいたら
暗闇を完全に抜けていた

というのが、時間とともにキッチリ成果を
出せて副業で成功できる人のパターンです!

今、しんどいな(T_T)
と思っている人は
このことをよく覚えておいてください。

とくに副業の場合は、踏ん張らないといけない
「しんどい時期」に、

ついつい
・新しいノウハウ
・新しい教材
・新しいテクニック
などに目移りして、手を出しやすくなります。

本当はそこでふんばるべきなのに
ふんばり切れずに新しいものに飛びついて
これまでの蓄積をリセットすると、

一時的に開放感もあって新鮮な気分を味わ
えるのですが、そのうちすぐしんどくなっ
てきて、また新しいものを探し始めて

・・・・みたいに。
これぞノウハウコレクター!!

マジ要注意です!!

 

まとめ

最初はなにをしても
しんどい時期って絶対あります!

それを受け入れて行動する。
諦めずに突き進むことです!!

ただ、これ一つだけ注意があって
独学でやらないことです。
ただしい努力をしないと
ずっと暗闇をさまようことになりますからね!

こっちくると暗闇から
早く抜け出せるよ(^^)
と徹底的に教わることをおすすめします!

じゃないと暗闇をさまよい続けて
結果でないですからね!

はよ楽になって
人生いい方向へ向かわせましょ(^^)

 

副業相談会も開催中!!

特別特典付きの副業相談会へ参加する!
詳細はこちら👇
https://official-site.ishimo-blog.com/lecture/fukugyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です